犬を賢く育てる方法は?優しく穏やかで性格の良い子に育成するコツ

うちの犬はいうこと聞かなくって…

なんてお宅もあれば、

 

なにも言わなくても、

犬が飼い主に合わせて上手についていく

そんなお宅もあります。

 

この差は「持って生まれた賢さがすべて」と

思っていませんか?

 

確かに生まれつきの要素もありますが、

犬の気性は育てる方法によって

大きく変わってきます。

 

今回は犬を賢く育てる方法

優しく穏やかで性格の良い子に

育成するコツについて追っていきます。

data-full-width-responsive="false"
 

犬の賢さや性格は生まれ持ったものでもある

冒頭で述べたように、犬の性格は

もともと持って生まれた資質によるものが

大きいといえば大きいです。

 

しかし、人間であっても同じですが、

犬の性格や気質は、幼少期からの教育や

接し方で大きく変わってくるものであり、

 

また、大きくなってからであっても、

努力によってそれなりの変化は

期待できます。

 

では、どんなことに気を付けて

接していけばよいのでしょうか。

 

まずは犬の性格をよく知っておくこと

そのまえに、まずはそれぞれの

犬の性格をよく知っておくことが大切です。

 

怖がりな犬、落ち着いた犬、

気の強い犬、好奇心旺盛でやんちゃな犬。

 

その子によって性格はさまざまですが、

そういった犬の性格に合わせた

接し方を考える必要があります。

data-full-width-responsive="false"

飼い犬を賢く育てる方法は

犬の性格に合わせることは大切ですが、

基本的に気を付けるべき

共通部分があります。

大きな声でしからない

例えばあなたの飼い犬が、

いたずらで餌入れをひっくり返しました。

 

こんな時、

「何しとるん!だめでしょ!」

なんて、大きな声を出して

叱っていませんか?

 

あなたの飼い犬が怖がりな犬であった場合、

こうした経験で、ビビッて人間を怖がるように

なってしまいます。

 

そうなると、今度は防衛本能から

人間を怖がり、吠えたり噛んだり

するようになってしまうこともあります。

 

臆病な犬がより臆病になり、

怖くて吠える・噛む犬が、

さらに吠える・噛むように

なってしまうわけですね。

 

犬にしてみたら、

 

突然怒られた

→人間…こわい!

→こわいから先に吠えたろ!噛んだろ!

 

となってしまうわけですね。

これじゃあ犬がかわいそうです。

data-full-width-responsive="false"

いたずらへの対処は「かまわない」

では、いたずらに対しては

どのように対処するかというと、

「かまわない」ことです。

 

例えば犬が餌入れをひっくり返したら、

何も言わずに片づけ、そのあとは犬に

かまわないようにします。

 

犬にしてみると、

 

いたずらをする

→かまってもらえなくなる…

 

と感じるようになります。

 

犬に「あれれ?」と思わせることで、

犬自身に考える力をつけさせることが

目的です。

 

これにより、犬が飼い主の表情や行動を

しっかり見ることができるようになるのです。

 

賢い犬ほど、散歩中もよくクルリと振り返り、

飼い主の表情をうかがっていますよね。

 

あのようになれば、犬との信頼関係構築も

あと一歩のところまできていると言えます。

 

犬の嫌がることをしない

それと、これは一見あたりまえのように

思えますが、とっても大切です。

 

先述したように、犬の性格や習性を

よく理解して、気持ちをくみ取って

あげることが大切です。

 

そうすることで、自然と犬の信頼を

得ることにつながり、

 

今度は犬が信頼するあなたの行動に

合わせてくれるようになります。

data-full-width-responsive="false"

穏やかで優しい性格に育てるコツ

上記のような犬の性質を理解した

接し方により、犬との信頼関係を

構築することが可能ですが、

 

犬を穏やかで優しい性格に育てるには、

やはり幼少期から接し方に

気を付けることが大切です。

 

犬の社会化期

犬には「社会化期」というものがあり、

このころ、犬は社会に適応するための

さまざまなことを学びます。

 

社会化期は基本的には

生後4週~13週ごろといわれており、

 

他の犬や人、猫など、

さまざまな動物に対し友好的な

感情を抱くようになる時期でもあります。

 

そのため、このころ親犬や兄弟犬と

共に過ごさせて、遊びの中で

噛み加減などを覚えさせていきます。

 

また、この時に接した人や犬から

受けた影響が、その後の犬の性格に

大きな影響を及ぼす大事な時期です。

 

よって、この「社会化期」にたくさんの

犬や人に接することで、人懐こい穏やかな

犬に成長していきます。

data-full-width-responsive="false"

まとめがき

今回は犬を賢く、優しく穏やかな

性格に育てる方法について追っていきました。

 

  • まずは犬の性格を把握すること
  • 大きな声で叱らないこと
  • 犬の嫌がることをしない
  • 社会化期に他の犬や人と交流させよう

 

といったことを挙げてきましたが、

大事なことはやはり

 

「犬との信頼関係を築こう」

ということに尽きます。

犬は飼い主を写す鏡ともいわれます。

 

犬を叱る前に、自身の生活習慣も

振り返ってみることをお勧めします。

 

それでは最後までご覧いただき

ありがとうございました。

data-full-width-responsive="false"
           

記事がお役に立てましたら、シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

夜な夜なナヌーという名で執筆してます。本業は夜勤がキツくなってきたアラフォー看護師です。よろしかったら他の記事もみてやってください。