グリーン車が満席!座れない時でも返金や払い戻しをする方法!

「ぱぱ~、グリーン車のろうよ~」

はっはっは~、そうだな!

 

グリーン車さえのれば、長い列車の旅も

らくちん。万事OK!

 

ところが当日・・・

す、座れない!?

 

そうなんです、グリーン車といっても

必ずしも座れるとは限らないんです。

 

せっかくグリーン券を買っても、

座れないんじゃ意味がない…

 

さらにそれだけではなく、

グリーン車は満席でも

料金を取られてしまいます。

 

実際は返金、払い戻しができるのですが、

ほとんどの人がそのことを知らないようです。

 

ですので今回は、

グリーン車が満席で座れない時の

返金、払い戻しのやり方について

まとめてみました!

data-full-width-responsive="false"
 

東京近郊には普通車のグリーン車がある

お住いの地域によっては

ほとんどなじみが無いかもしれませんが、

東海道線やJR横須賀線などには

普通車のグリーン車があります。

 

普通乗車券に加えてグリーン券が必要なのですが、

なんとこちら、座席の指定がないのです。

 

平日780円、休日580円という高額を

払っているにもかかわらず、

満席で座れない!なんてことが起きます。

 

仕方なく通路やデッキに立っていても、

グリーン車に乗車しているだけで

グリーン料金を徴収されます。

 

そ、そりゃないよ~・・・

 

では、いったいどうすれば

料金は返金されるのでしょうか?

 

グリーン車の料金払い戻しや返金の条件はコレ!

ずばりグリーン車の料金は

返金、払い戻しができます!

 

しかし、やり方が分かりにくいんですよ。

 

JR東日本のHPにはグリーン車の満席時について

以下のような記述があります↓

満席の為に普通車に移られる場合は、車内改札前に乗務員(グリーンアテンダント)にお申し付けください。

出典:http://www.jreast.co.jp/railway/train/green/

 

これは・・・わからん!

グリーン車をよく利用する人は

分かるのでしょうけど、

 

普段乗らない人はそもそも

「車内改札」の存在も知りませんし、

このHPみても、初見の人はまず戸惑いますよね。

 

そんなグリーン車の返金払い戻しの

条件をまとめると、

 

【その1】グリーン券情報が「未使用」であること

【その2】普通車に移動すること

【その3】乗務員から「不使用届」を受け取ること

 

以上の3つを満たせば払い戻ししてもらえます。

 

それでは以下で一つずつ具体的に触れていきましょう。

data-full-width-responsive="false"

その1→グリーン件情報が「未使用」であること

つまり、座っていないということです。

座れなければ必然的にグリーン券情報は

「未使用」のままですので、

 

必然的に【その1】はクリアです。

 

その2→普通車に移動すること

満席で座れない。仕方ないから立ってるか…

 

そう思ったのも束の間、

グリーン車内に立っているだけで

グリーン料金を請求されます。

 

ですので、グリーン車から普通車へと

移動しなければなりません。

 

しかし勝手に移動してはいけません。

グリーン車内に乗務員が切符確認に来た時です。

 

その3→乗務員から「不使用届」を受け取ること

  • 満席で座れない
  • 立って待つ
  • 乗務員が切符確認にくる←いまここ

 

グリーン車から普通車に移動する際は、

乗務員がくるのを待ち、

 

満席で座れず、普通席に移るので、

不使用届をください。

という旨を伝えましょう。

 

「普通車に移動する」という意思を

はっきり伝えないと、返金してくれない

(返金方法を教えてくれない)場合もあるようです。

 

め・・・めんどくせえー!!

data-full-width-responsive="false"

Q.混雑により不使用証が受け取れないときは?

当日に降車駅で駅係員に申し出て、

事情を説明し「払い戻し証明書」

発行してもらいましょう。

 

なお、グリーン県は当日のみ有効であり、

翌日に払い戻しはできないので注意してください。

 

グリーン車の返金や払い戻しの方法はコレ!

【その1】~【その3】までの

条件を満たしたら、今度は以下の方法で

返金してもらいましょう。

JRみどりの窓口で返金してもらおう

条件をすべて満たしたら、JRのみどりの窓口で

返金してもらいます。

車内では返金してもらえません。

 

みどりの窓口は営業時間が駅によって違います。

こちらから駅を検索し、

営業時間を確認してください。

JR東日本 みどりの窓口のある駅(駅を検索)

data-full-width-responsive="false"

注意!払い戻しには手数料220円かかる

返金の際、なんと手数料が220円かかります。

 

無料じゃないの!?

 

そうです。わざわざグリーン券買って

座れなかった上に、さらに条件付き、

 

さらにさらに、手数料まで取られるんです。

220円!

 

ルールといえばルールなんですけど、

モヤモヤが止まりませんね。

 

返金希望する人も少なく、

本格的にクレームを発する人も

いないために、

 

ほったらかしになっているの

かもしれませんね。

 

まあとりあえず、返してもらうものは

返してもらいましょう!

data-full-width-responsive="false"

グリーン車は混雑するのは通勤時間帯!

実際にこの満席で座れない現象が

発生する時間帯は、ほぼ限られています。

 

そうです、通勤時間です。

 

平日の朝6時半~9時くらいまで

いわゆる通勤時間帯は、

グリーン車満席となる可能性が

高くなります。

 

よって、上記のような手続きに

労力を割きたくない人は、

あらかじめ普通車に乗る方が良いかもしれません。

 

でも、そもそもあの朝のギュウギュウの

満員電車がイヤだからグリーン券買うのに、

満席で座れないなんて落胆が大きすぎますよね…

data-full-width-responsive="false"

まとめがき

今回は満席でグリーン車に

座れなかった場合の返金方法に

ついてでした。

 

  • グリーン券は「未使用」状態で
  • グリーン車から普通車に移る
  • 移る前に乗務員に「不使用届」をもらう
  • みどりの窓口で返金してもらう
  • 手数料220円かかる
  • 通勤時間帯は満席になりやすい

 

うーん。

 

最初から「グリーン車に座れる可能性」

とかいう名目のチケットだったら、

納得するんですけど…

しないか。

 

まあ、旅は安全に楽しくいきましょう!

data-full-width-responsive="false"
           

記事がお役に立てましたら、シェアをお願いします☆

1 個のコメント

  • 今日グリーン車に乗ったところ満席でした。急いでこちらを検索し、九死に一生を得ました、ありがとうございます!
    はじめチェックしにきた乗務員さんに「普通車に移動したいんですが」と伝えたところ、グリーン車から普通車に移動する経路を教えるのみで、不使用届を発行してもらえませんでした(なんとびっくりです!)
    しかしそのあと、別のおじさんが「払い戻ししたいんだけど」というと発行してもらっていたので、しっかりと「払い戻ししてください」と伝えることが本当に大切だと痛感しました。
    その日のうちにみどりの窓口で不使用届を提出しましたところ、全額払い戻ししていただけました!
    本当に助かりました、ありがとうございます(どうしてもお伝えしたくてコメントさせて頂きました)

    それでは失礼致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    夜な夜なナヌーという名で執筆してます。本業は夜勤がキツくなってきたアラフォー看護師です。よろしかったら他の記事もみてやってください。