あべりょうは不快!?嫌いと言われ炎上する理由をTwitterで調査!

今ネットで話題の

あべりょうさんをご存知ですか!?

 

YOUTUBE広告で流れる

PVで一躍有名になった

アーティストなのですが、

 

その作品には過激な表現ばかりで、

 

「不快!」「嫌い!」

と数多くのアンチが

出現しています。

 

今回は、あべりょうさんが

なぜ不快といわれるのか?

ネットが炎上するほど人を

不快にさせる理由はなんのか!?

 

ツイッターを見ながら

考えてみました!

Sponsored Links

関連記事:痴漢冤罪サバイバーの歌詞!山手線新駅の名前はスペースステーション?

関連記事:核攻撃サバイバー!あべりょうって誰?歌詞をアップ!目的は何?

関連記事:あべりょうのナパーム弾の歌詞!アニメの絵は誰が描いてるの?

あべりょうが不快!?

あべりょうさんは

何はなんとも不快、嫌いという

意見が多数です。

 

ヤフーで検索すると

検索候補に「不快」「嫌い」

並ぶほどですから、

 

短期間にかなりの数の

ネガティブワードが検索

されていたようですね。

 

続きをご覧のまえに、

あべりょうさんの代表曲について

コチラの記事でご確認ください。

 

「核攻撃サバイバー」

「ナパーム弾」

「痴漢冤罪サバイバー」

 

 

それではさっそく世間の皆様の

否定的ご意見をみてみましょう!

 

「やっぱり多くの人が」ということは、

これ不快なのは自分だけでは

ないはずだ!?

 

と感じるほど不快だったのでしょう…

 

 

ちなみにこちらは

あべりょうさんのアルバムですが、

 

ジャケットのキャラクターが

なんとなく挑発的な感じで

不快な方もいるかもしれません…

↓↓↓

尖閣、世界遺産へ [ あべりょう ]

 

声がダメという意見も

中にはこんな意見もあります。

 

もはや声も歌詞も気持ち悪い…

とまで言われてしまっています。

 

でも、「YOUTUBEは娯楽なんだから」

という部分は確かにそうかもしれません。

 

YOUTUBE広告はブロックするには、

Googleクロームの拡張機能を

設定したりと、なにかと面倒です。

 

…なんでこっちが不快なのに、

わざわざ手間かけて

広告ブロックしなけりゃ

ならないんだよ!

 

なんて思う方もいるかもしれませんね。

 

しかし、そもそもなぜここまで

嫌われてしまってのでしょうか!?

Sponsored Links

不快と言われ炎上する理由は?

あべりょうさんがこれほどまでに

「嫌い」「不快」といわれる理由は

いったい何なのか!?

 

理由を3つほど挙げてみました。

 

理由①対象を考えず無差別に流している。

誰しもが社会問題に興味が

あるわけではありません。

 

どうでもよい、というわけではありません。

みんな自分の人生が大変なんですよ。

毎日が精いっぱいです。

 

一日の長い仕事を終えて、

風呂にゆっくりつかって。

 

冷蔵庫からビールをだし、

 

今日も一日がんばった!おつかれ!

 

ビールをプシュッ!!

 

さてと、YOUTUBEでも見るか!!

Ipadで再生ポチ~

 

「東京!新宿!中央!公園!上空ぅ~!」

 

なんじゃこりゃあ!!!???

ワシはヒカキンが見たかった

だけやねん!!!

 

てなことになっちゃうわけですね。

 

場合によっては

嫌われちゃうかもしれません。

Sponsored Links

理由②声がいまいち!?歌が下手!?

声がいまいち、歌が下手、

とさんざん言われてしまっていますが、

 

個人的には、某アニメの悪役の声に

似てなくもないな~なんて思います。

 

でも、一度人々の目や耳に

「不快」のフィルターが

入ってしまうと、

 

もはや何をやっても

不快に思われるように

なってしまいます。

 

場合によっては

マユ毛の形まで批判されてしまう

かもしれません。

 

芸能人はみんなそうといえば

そうですけどね。イメージってやつです。

Sponsored Links

理由③言ってることが怪しい

「49時間で100分の1」という情報は

どこから来たものなのか。

 

「7の法則」もちょっと調べても

よくわかりません…

 

(誰か教えてください!)

 

追記:読者様からURL付きで教えていただきました!

以下引用です。

「7の法則」・・・残留放射線の累積線量は、7時間ごとに1/10
ずつ減衰する。したがって、地下施設に2日間(49時間)退避する
ことにより、放射線量が当初の数値から1/100に減衰する。

出典URL:http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokumin_hinan_02_s2-1.pdf

 

でも「7」とか「法則」とか言われると

信じちゃいますよね。なんとなく。

 

100分の1、とかもそうですよ。

「めっちゃ減る」とか

「消えてなくなる」とか

 

曖昧な表現だといまいち

ピンとこないんですが、

数字を使われると

 

ついコロリと信用してしまいます。

 

でも、博識な人からみると、

場合によってはやはり、

「不快」となるかもしれません。

Sponsored Links

まとめがき

今回はあべりょうさんが

「不快」と嫌われ炎上する理由に

ついて考えてみました。

 

なんだかんだ言って、

あべりょうさんはネット上で

かなりの有名人となりました。

 

これだけの反響があれば、

多くの人に自らの思想を届けられます。

 

中にはファンになり、

支援する人も現れます。

 

そういった意味では、

今のところはあべりょうさんの

想定通りの展開なのかもしれません。

 

あべりょうさんに関する

他の記事もあります

↓↓

関連記事:痴漢冤罪サバイバーの歌詞!山手線新駅の名前はスペースステーション?

関連記事:核攻撃サバイバー!あべりょうって誰?歌詞をアップ!目的は何?

関連記事:あべりょうのナパーム弾の歌詞!アニメの絵は誰が描いてるの?

Sponsored Links

           

記事がお役に立てましたら、シェアをお願いします☆

21 件のコメント

    • uytrewqさん

      「7の法則」は実在したのですね!

      当時、どういうわけか検索結果に
      引っかからなかったもので…

      今後はもっとキチンと調べるよう
      心がけたいと思います。

      ご指摘ありがとうございました!
      m(_ _)m

  • 誰しもが社会問題に興味を持っているわけではありません。
    はい、残念、ここの国は民主主義なんですよ。
    発言するときはよくお考えください…。
    社会問題に興味を持たないということは
    社会をより良いものにしていく権利を
    放棄するのと同じことです。
    訂正するべきですね。

    • #続き~
      民主主義の責任は国民にあるのですから、
      社会に興味を持たないなど無責任以外の何物でもないのです。
      (そして7の法則に関する理由③に関しても訂正していないようですし。)
      一人の人間(社会人)として責任をとる。これは義務ですよ。
      お気をつけくださいね。

  • この間のお説教野郎ですよw(また来やがったなコイツw)
    前回については私は口が悪かったです。不必要なほどにに熱弁しすぎました。そこに関してはすみません。
    コメントを公開なさらなくて結構ですが(前回は随分キツイことを言いましたね私w)
    民主主義国家の国民として責任は果たしましょう。
    何もあなたが嫌いで言うわけではありません。
    むしろ私はこのような批評の記事も必要であると認識しています。
    その点で言えば応援しています。←お世辞とかじゃないですよ。
    だからこそ私はこのように何度も意見を言うのです。
    と言うことでここは多くの方がご覧になる場所なのですから、
    「誰しもが社会に興味を持っているわけではない」
    などの危ない表現は避けましょう。(以下聞きたくないであろうお説教)

    日本という国において意見力が強いのは社会に興味を持ち、行動(投票)する方です。
    何故かと言うと民主主義国家であり、そのような仕組みだからです。
    そのような中でのこの発言は…。
    もうしつこくは言いません
    危険ですし、不適切ですよ。
    どうなっても私は知りませんからね…。

    • name2さん

      コメントありがとうございます。

      私もname2さんのおっしゃる通りであると思います。
      あらためて読むと、この記事は確かに批判的な内容となってしまっていますが、

      あくまでも、「不快に感じた人々の気持ちをイメージしてまとめてみたもの」なんです。

      そしてどちらかといえば、私自身は当時、YOUTUBEであべりょうさんの動画をみて、

      一度聞いただけでしっかり耳に残り、
      とても有益で、話題性もある動画である

      と確信し記事にさせていただいております。

      また「誰しもが社会問題に興味をもっているわけではない」
      というのは、誰しもが「社会問題に興味を持つ余裕を失っている」
      という想いで発言させていただきました。

      ですので本来は私も、name2さんのおっしゃる通り、
      社会問題に興味を持ち、行動することが我が国の国民として望ましく、
      あるべき姿であると私も思っています。

      しかしながら例えば、毎日の仕事が激務で
      大変疲弊している人がいたとして、
      (俗にいう”ブラック企業”に勤務する人だったり)

      ようやく終電で帰宅しシャワーを浴びクタクタになりながら
      YOUTUBEの動画でほんのわずかな一息を入れようとした際、

      意図せずして今回のような動画が流れたとしたら…

      毎日生きることが精一杯で、
      ようやくこぎつけた束の間の休息に
      よくわからないスキップ不可能の動画が流れてきたら…

      ゲンナリするだろうな…

      そんな場面をイメージして書いたんです。

      あくまで「たとえば批判しているのはこんな人じゃないかな…?」

      と想像して書いてみたものなんです。

      ですが、そうした「受動的に動画を見せられた人」に対しても、
      十分にメッセージの伝わる音楽と歌詞であると感じていますし、

      現に私も一度受動的に動画をみせられた時に
      「もっとちゃんと聞きたい!」と感じました。

      不快に感じた人にも「なんじゃこりゃ?」
      という意味で興味を持った人が多かったかと思います。

      どちらにせよ、
      あべりょうさんの動画は多くの人に視聴され、
      メッセージを届けることに成功されたと思いますし、

      私もメッセージを受け取り、
      それをさらに広めようとした一人です。

      あらためまして、name2さんのおっしゃる事はもちろん、
      私も同感ですし、私の表現の仕方に曖昧な部分が多く、
      誤解を招く原因になってしまったと思いますし、

      name2さんのように見聞の深い方からみれば、
      当サイトはにわか仕込みで危く、
      ともすれば腹立たしい部分もあるかと思われます。

      今回そうした私の未熟な表現により、
      ご不快な想いをさせてしまったことを、
      あらためまして、お詫び申し上げます。
      m(_ _)m

      …しかし、受け取り方というのは本当に人それぞれで、
      すべての人に誤解の生じない表現を用いることは、
      大変難しいという点について、

      どうか、ご了承いただけましたら幸いです…。

      • 返信ありがとうございます。
        どうやら私も記事の一部のみを気にしすぎて
        いた面もあるようです。そして無駄に熱く書きすぎましたね。すみません。
        前回のコメントに関して言えば本来の目的を私自身見失っていたように今思います。
        そして今回の返信を頂いて、
        ナヌーさんのような「一般の社会人であれば」という立ち位置で
        の客観的な「批判」も重要なものであると私自身学ばせていただきました。
        ありがとうございます。
        そして、どのような立場での意見なのか、「価値観」と言うものについて考えさせられるこのような記事を多くの方にご覧になって欲しいと思います。
        私のコメント自体「訂正しろ」ととられてもおかしくない不適切な表現が認められ
        私のコメントに非があったと思います。すみませんでした。
        このような私が申し上げるのも何ですが
        “ナヌー!ノート”の発展を祈っています…。
        今回は連続での長文失礼致しました。

        • name2さん

          遅くなってすみませんm(_ _)m
          そして、コメントありがとうございます。

          すべては私の表現が稚拙で至らぬが故と
          痛感しております。

          今回のname2さんのように、
          多角的な視点でのご意見をいただけることで
          私自身が大変学ばせていただいております…

          決して不適切だなんて思いません。
          熱い表現も、真剣であればこそのものであると思います。

          みなさんのコメントには大きく分けて、
          私自身に向けてくれたものと、

          このサイトのコメント蘭を用いて広く
          多数の方に発信されている(と個人的に感じてます…)
          ものがあります。

          私自身に対し真剣に送信いただいたものであると
          感じた場合は、やはり安易な対応は心苦しいので、

          「なんとお答えしよう…」と
          考え込んでしまうことはあります。

          そういったこともあり、
          今回もどうしよう、どうしようと

          マゴマゴしている間に
          対応が遅くなってしまい、

          ご不快な想いをさせてしまい
          申し訳ありませんでしたm(_ _)m

          そしてあらため、
          応援のコメントもありがとうございます。

          それでは、季節の変わり目ですので、
          ご自愛くださいませ。
          m(_ _)m

  • あくまで妄想ですが
    日本のモラルを破壊して
    日本社会を混乱させておけば
    日本侵略がやりやすくなるので
    モラル破壊を目的に中国共産党の資金と指導の下
    あべりょうは活動していると思う。
    中国共産党は隣国を侵略しようとした場合
    軍隊で攻撃する前に
    工作で隣国を弱体化してから軍事攻撃の流れを
    これまでの歴史上繰り返している。
    中華民国も今の日本と同じように悪評を宣伝されて
    アメリカの軍事支援をうち切られ
    中国共産党に内戦で負けた。
    戦わずして勝つのが孫子の戦争のやり方なので
    中国共産党もそれを受け継ぎ
    日本や世界はそれに対応できないでいる。
    中国共産党が世界征服をするつもりならやればいいと思う。
    でもそれをすれば多大な代償も負う事も自覚すべきだ。
    国が無くなるだけでは済まない。
    指導者は死刑になる。
    やりたければやれ。
    こうしたサイトであべりょうの宣伝をする馬鹿もいる。
    そうした者も姑息な悪巧みには正義の鉄槌が必ず下る事を自覚すべきだ。
    中華民族は日本という国を何度なめたら日本と張り合う事の愚かさに気がつくのだろう。
    中国にあったいくつもの国は日本をなめて
    戦争をしていくつもの国が滅んでいる。
    日本になめた事をすればまたまた中国にある国は滅ぶ事になるだろう。

  • 逆に中国をなめてると日本が滅ぶ…てか、いずれ吸収されそうだがw
    日本の平和ボケ精神が今後自分の首を絞めることになるよ
    何か起きても自国で解決できる術がなく危機感も薄い、
    輸入大国の日本は、せめて近隣と仲良くできないと未来が危ういわ
    他国をどうのこうの言ってる場合ではない

  • 文章の最初の方に使われているアンチテーゼってそういう使い方をするものではないと思うのですが
    ある命題に対する否定の主張ですからね
    単にアンチだけで良いと思います

    • あああさん

      遅くなってすみません。
      確かにあああさんの
      おっしゃる通りです。

      修正させていただきました。
      ご指摘ありがとうございます!
      m(_ _)m

    • はいさん

      ご指摘ありがとうございます。

      以前他の来訪者さんにも
      ご指摘をいただき、

      修正したつもりが、
      保存時にミスっていたようで
      治っていませんでした…

      ありがとうございます
      m(_ _)m

  • あべりょうさん…。
    顔すら出す気概もないのなら、社畜にも劣りますよ?

    ただの『かまってちゃん』にならないように。

  • aさんよぉ
    日本のいざという時の備蓄米を渡せ
    全額日本が費用を負担して、金正恩新幹線を開通させろ
    その予算は日本人の消費税を倍にすればいい。
    金で命が変えるなら良いだろ。
    なんてこと、ほざく奴の何処がネトウヨなのかww
    ネトウヨならこんなこと死んでも言わないよ、むしろゴリゴリのパヨクでしょ。

  • 歌詞の内容とかどうでもよくって、声と曲調としつこさが不快すぎ。こんなgmがもしプロなんだとしたら日本しょぼすぎ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    夜な夜なナヌーという名で執筆してます。本業は夜勤がキツくなってきたアラフォー看護師です。よろしかったら他の記事もみてやってください。