ソフトサラダが隠ぺい!?安全性や危機管理は!?由来・アレルギーも

亀田製菓のソフトサラダ!!

サクッとふんわり、
いい感じのしょっぱさ…

甘いお菓子と交互に食べると
たまらんのです…!!

ところが!!

みんな大好きソフトサラダに
なんと金属片が混入、

小学生の女の子が口にケガしちゃったっ
てんだから大騒ぎです!

亀田製菓は商品の回収は
しないみたいだけど、

本当に大丈夫なのでしょうか?
安全性や危機管理はどうなって
いるのでしょうか?

また、ソフトサラダの名称の由来や、
アレルギーについても調査しました!

※トップ画像出典:http://www.kameda-netshop.jp/SHOP/982793.html

Sponsored Links

ソフトサラダに金属片混入!?

報道によれば、2017年の4月3日、
宮城県の小学生女児が亀田製菓の
「20枚ソフトサラダ」を食べたところ

なんと金属片が混入しており、
歯茎に刺さり、口にケガをしたとのこと。

混入していたのは長さ1㎝ほどの
細い金属片。

新潟県阿賀野市にある工場で
製造ラインの清掃に使われている
金属ブラシの一部と発覚。

小学生の女の子が食べていたのは
このソフトサラダ↓↓

ソフトサラダは今後、食べても安全?

亀田製菓は、女の子に謝罪し
管轄の保健所に報告、改善を
指示されたとのこと。

亀田製菓は
ブラシに他にかけている部分はなく
被害が拡大することはないとして、

回収は行わないそうなんですが…

ブラシの欠けをどうやって
確認したのかもよくわからないですし、
金属片だって性格に長さを計った
わけではなさそうですよね。

なんというか、100%安全とは
思えないですよね。

消費者としては不安もありながら、

それでもやはり好きだから食べたい!
という根強いファンの方も多いようです。

あさりの味噌汁に砂が入ってて
「ジャリ!」ってのとは
わけが違いますからね。

まだ「砂はいってるかも?」って
心のどこかで思ってますしね。

でも、ソフトサラダに金属片なんて、
まったくの予想もしてないですから、

もう金属が口に刺さった瞬間
「・・・・!?#$%&’!?」

って感じでしょうね。
小さな子供ですと、トラウマにも
なりかねませんしね。

安全確認されているとはいえ、
しばらく買い控えるほうが
安全といえばあんぜんかもしれません。

Sponsored Links

ソフトサラダの危機管理は本当に大丈夫?

結局、亀田製菓の危機管理は
どうなっているのでしょう!?

Twitterでは、今回の金属片が
混入したソフトサラダと
同じロットのものは

全て回収したほうが良い、
という意見が多数を占める印象です。

ペヤングの混入事件を思い出します。
ささっと回収して、見事に復活されて
いますよね!

ソフトサラダもロングセラーですし、
消費者の信用を第一に考えたほうが、
今後もずっと信頼され、

より多くの消費者に親しまれて
行くんじゃないかなあ~

なんて思いますけどね。

とか言いながら、我が家はまた
変わらずにソフトサラダ
買っちゃうかも…

ソフトサラダの名前の由来は?

ソフトサラダの「ソフト」は
まさにそのまま、

せんべいが柔らかい

という意味なのだそうです。

「サラダ」については、
サラダ油がまだ高価だった時代、

純日本風の「塩味」よりも
洋風の「サラダ味」とするほうが
おしゃれではないか、

という理由で名づけられたんだとか。

昭和30年、日本が高度経済成長を迎え
欧米の食文化が浸透してきたころの
発売だったことも関係しているようです。

亀田製菓いわく
「高級でハイカラなイメージ」が
人気を呼んだとのことです。

ソフトサラダのアレルギー物質は?

ソフトサラダのアレルゲンは

大豆のみです。

しかし、このソフトサラダと同じ
製造工場内で卵、乳、小麦、エビ、ピーナッツを
含み製品が扱われています。

そのため、大豆以外のアレルゲンの
微量混入については
亀田製菓に直接問い合わせてくださいますよう、
よろしくお願いします。

まとめ

混入した金属片がもっと長いもので、
食べた女児が飲み込んじゃったりしたら

もっと大変なことになっていたでしょうし、
製品の回収もあったかもしれません。

高齢者であれば、気管支にむかって
誤嚥してしまった可能性だってあります。

個人的には自体を軽視しているようにも
思えますが、この事件もやはり、
時と共に風化してしまうんでしょうかね。

いやー今回被害にあった女児が
実に気の毒ですね…!
怖くておせんべい食べられない!
なんてことになっていなけりゃ良いですが。

追記 隠ぺいだった!?

結局、亀田製菓の広報担当者は
以下のように説明されています。

「原因が特定できていて、再発防止策も打ち出せました。また類似被害の恐れがないことから、いたずらに不安を煽ることをさけるため公表を見合わせていました。決して、隠したり隠蔽する意図はありません。ただ本日の報道を受けて多くの問い合わせが予想されることから、公表しました。今後はこのようなことがないように品質管理に注意していきたいです」

何事も後手後手にまわると
退路を断たれてしまうものですよね。

リングコーナーに追い込まれた
亀田製菓。

同様の申し出がない、なんていうけど、
大丈夫でしょうか。

Sponsored Links



シェアおねがいします♪

スポンサーリンク
Sponsored Links
Sponsored Links