韓国次期大統領を予想2017!反日候補者による日本への影響はある!?

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の

弾劾裁判が行われたのは2017年3月7日。

裁判官8人の全員一致で朴槿恵さんの

大統領辞任が可決しました。

これを機に韓国では次期大統領の候補者が

次々と名乗りを挙げており、

近いうちに大統領選挙が行われる

ことになるでしょう。

2016年~2017年は、トランプ大統領の当選など

世間の予想をことごとく突っぱねるできごとが

多発しており、情勢はきわめて不安定です。

今回の韓国大統領選挙は、一体だれが当選するのか?

その結果によっては、われわれ日本の立場にも

大きな影響を及ぼすことは必至でしょう。

というわけで今回は、

朴槿恵大統領が辞任となった理由は?

次期大統領は誰になるのか?

反日思想を抱く候補者はだれなのか?

それによる日本への影響はあるのか?

といった視点でお届けします。

Sponsored Links
 

朴槿恵大統領が辞任となった理由は?

ところで、朴槿恵大統領って、

いったい何で辞任になったの?

という方に向けて、

その理由を簡単にまとめると、

以下の2つになります。

機密漏洩問題

一つ目は機密漏洩問題に関してですが、

簡単に言ってしまうと

「韓国の政治についてアドバイスをもらうために

政治家でもない一般人に国政にかんする秘密の

情報を漏らしてしまった」

ということです。

…相手は一般人ですから、

ヘタをうてばツイッターなどで、

「朴槿恵から国政情報ゲットなう☆」

なーんて拡散されてしまう危険性も

生じるわけです(ないか…)

それがもし国家の防衛に関するものだったら、

国家のボディがガラ空き、

足元お留守状態になってしまうわけですね。

韓国国家のみならず、国民まで脅威に

さらされてしまいますので、

正に非常事態です。

不正資金問題

もう一つは不正資金問題。

こちらは朴槿恵大統領が

「特定の財団に寄付をするように支持した」

というです。

つまり、大統領という公の立場でありながら、

特定の財団やら企業に肩入れしていたわけで、

こちらも非常に問題視されています。

以上2点が韓国国民の感情に火をつけ、

裁判で弾劾されるに至りました。

朴槿恵大統領の今後の行く末はどうなる?

大統領という立場の後ろ盾をなくした

朴槿恵大統領を守ろうという人間は

もはやいないでしょう。

そのため、

現在も長時間にわたる聴取が

継続されていますが、

聴取内容いかんによっては

逮捕される可能性が高いでしょう。

セウォル号事故の対応で国民に嫌われている

2014年、大型客船セウォル号が沈没し、

高校生の修学旅行生らが304名も死亡、

または行方不明となる事故が起きました。

この時、救助活動の初動の悪さ

指摘されており、

朴槿恵大統領がこのセウォル号沈没の直後、

90分にわたりヘアメイクをしていた

という報道もありました。

この対応により、朴槿恵さんは

韓国国民に嫌われているので、

後ろ盾をうしなった今、

今後の行く末が心配されます。

特に、韓国の元大統領の方々は、

謎の死など、詳細不明な最期を

遂げていますからね。

朴槿恵大統領の辞任による日本への影響は?

朴槿恵さんの大統領辞任から

60日以内に2017年韓国大統領選挙が

行われます。

今回の選挙では親北の候補者が

圧倒的な支持率を集めています。

北朝鮮は社会主義国ですから、

親北の候補者が当選すると、

韓国が社会主義陣営に近づき、

あるいは韓国と北朝鮮が統一!?

なんていう可能性もあります。

そうなると、資本主義陣営の

最先端である日本が被害を受ける

可能性も高まります。

日本にとって、韓国の次期大統領に

親北の候補者が当選することは

非常に困るわけですね。

韓国大統領選挙の候補者を予想!

もはや定番?となりつつあるこの画像。

文在寅(ムン・ジェイン)

画像左、現在一番人気の文在寅さん。

2017年の世論調査において、

支持率32%という数字をたたき出し、

2位の安熙正に大きな差をつけています。

安熙正(アン・ヒジョン)

安熙正さんは現在支持率21%、

二番手の人気です。

文在寅さんと同じ民主党候補であるが、

党内の組織力は文在寅さんに圧倒的に

劣ると言われています。

上位2名候補ともに民主党所属

人気ナンバー1、2を独占する

文在寅さんと安熙正さんは

共に民主党所属の候補です。

上位の2名とも、親北的な思考を表明しているので、

どちらが当選するにせよ、

韓国は社会主義陣営に近づくでしょう。

朴槿恵さんの所属する自由党の候補者は、

支持が集まりませんでした。

まあそりゃあね…といったとこですね。

Sponsored Links

反日候補者の当選による日本への影響はある?

基本的に、上記の文在寅さんと安熙正さん、

どちらが大統領になっても

政治の方向性としては変わらないでしょう。

しかし、朴槿恵大統領時代に

最終解決したはずの日韓合意について、

再交渉や撤回を掲げる候補もいます。

これらが一体日本にどのような

影響を及ぼすのでしょうか。

その焦点となる日韓合意について、

また韓国がアメリカ側と中国側、どちらに近づくかの

争点とされているTHAADミサイル

配備についても触れていきます。

日韓合意について

そもそも、この日韓合意については

朴槿恵大統領時代に日本が韓国に10億円を

支払うことで最終解決の合意を交わしました。

韓国としてはこれ以上慰安婦問題を

蒸し返さないという条件で、です。

しかしながら、韓国ではいまだ慰安婦像が

増加の一途をたどっています。

さらに次期大統領の就任を機に、

この日韓合意を撤回し、

まさに白紙に戻そうという

動きもみられています。

こういった国同士の約束を

一方的に破棄するとなれば、

韓国は国際的な信用を失うことは

目に見えています。

(しかも合意の立ち合人はあのアメリカ…)

ですが、韓国経済が日本に依存している

ことに変わりはなく、

韓国にとって、日本との関係悪化は即、

自国の経済状況に大きな悪影響を

およぼすことは明らかなため、

黄教安(ファン・ギョアン)さんなど、

経済優先の候補者は日韓合意について

着実な履行をかかげています。

今回の候補者の大半は

この日韓合意について、

慰安婦合意の再交渉、

白紙化の意思を表明しています。

韓国側のこれらの行動が

日本のみならずアメリカからも

反感を買い、ひいては

今後の反日、反米感情をより強く

あおる結果になりそうです。

THAADミサイル

韓国は同盟国であるアメリカから、

このTHAADミサイルを配備されています。

THAADミサイルは迎撃用ミサイルなのですが、

中国はこのミサイルの存在に多大な

プレッシャーを受けています。

そのため、中国側はアメリカが韓国にこの

THAADミサイルを配備することを

反対しています。

しかし、近年になって韓国がこの

THAADミサイルの配備を発表。

中国側は韓国への報復措置として、

韓国製品の不買運動、韓国への旅行制限など、

執拗な制裁を継続しています。

韓国はチャイナマネーにも

依存している部分があり、

中国のこの態度によるダメージは

はかり知れません。

だからといって、

「やっぱ配備やめようかな…」

なんて言い出せば、

アメリカがどんな顔するかも分かりません。

…結局、八方ふさがりな状態です。

以上のような事情により、

このTHAADミサイルの配備を

継続的に進めるのか、

それとも白紙に戻すのかで、

状況は大きく変わることになります。

まとめがき

韓国が社会主義陣営となるか、

資本主義陣営となるか。

前者となると、日本にメリットはありません。

韓国にとっても、社会主義よりに向かうよりも

資本主義よりのスタンスを維持したほうが、

はるかに安全であるでしょう。

今の韓国は国民感情を

色濃くあらわにしていますが、

当選後もそのまま進むつもりなのでしょうか。

とりあえず敵をつくって国民感情をあおり、

団結を強めるような方法もあるのでしょうが、

であるとすれば、韓国にとって、

敵として手頃な弱い国は

一体どこになるのでしょうか?

どう転がるにせよ、今後の大統領選挙の

結果次第で、世界情勢が大きく変動する

可能性がありそうですね。

Sponsored Links



シェアおねがいします♪

スポンサーリンク
Sponsored Links
Sponsored Links