清水聡の減量!食事で痩せ体型から8kgも絞り出す方法とは

清水聡

ボクシングロンドン五輪の銅メダリスト、

清水聡選手(30)がプロに転向!

普段の体重が64kg程度だという清水選手だが、

それでも、

フェザー級(上限57.153kg)まで、

およそ8kgの減量を当然のようにやってのけてしまう。

さらにフェザーの中でも179cmと長身なため、

その減量は他のフェザー級選手よりも過酷となる。

そりゃプロだから・・・っていっちゃ、それもそうだけど・・・

いったいどんな方法で減量しているのでしょうか?

Sponsored Links

【関連記事】:【清水聡】世界を取るために超えるべき5つの壁

痩せ体型から更に8kgしぼり出す!

清水選手の段の体重は64kg

これはBMIにして19.97と、

「痩せ体型」に限りなく近い普通体重である。

清水選手は試合時に56kgまで絞るため、

BMIは17.48となる。

これは痩せ過ぎの部類に入る。

このBMIでボクシング・・・!?

例えるなら、

真夏の炎天下、3日間何も食べてない状態で

1日中、水も飲まずに引っ越しのバイトをするような・・・

それくらいの苛酷さではないかと想像できる。

もう考えただけでひっくり返りそうですよね・・・!

どんな食事で減量してるの?

清水選手の減量は、以外にも基本に忠実なものであった。日々の練習はもちろんだが、

  • 炭水化物を減らす
  • 野菜を多くたべる

といった基本的なことからまず始めていくそう。

白ご飯のや、おかずの量にはかなりこだわっているようで、

「白飯やおかずを見ただけで、だいたい何グラムかわかる」

とのこと。

減量のコツとしては、晩ごはんを減らすこと

と話している。

基本的に減量時以外は、気にせず何でも食べるらしい。

しかし減量の最終日には、水分を一切とらず、

うがいのみで過ごすそうだ。

減量は、最後の数100gが最もキツイとは、有名な話である。

うーん、意外と減量に関しては普通なんですね。

炭水化物を減らしていき、絞るとこまで絞ったら、

本格的なボクサー減量が始まる、

ってことですね。

そして、最もキモとなるのがこの、

ボクサー減量の部分なんですよねきっと。

一般人が真似したら、ヘタしたら命を失うレベル

かもしれません。

真似するなら、炭水化物を減らして、野菜を多く摂るとこまでですね!

トレーニングは?

清水聡

トレーニングに関しては、

ボクシングの練習以外にも、

坂道や階段のダッシュをみっちり1時間30分

やったりもするんですって。

普段多少運動している人で、

平地のダッシュでも、15分の間に100mを5本も走ったら、

ヘトヘトです。

それを、坂道や階段やるわけですよね。

しかも「このレベルの人達のみっちり」です。

想像つかないですね汗

ちなみに、サウナスーツなどを使用して水分を絞り出す減量も

するそうです。

しかし、みなさんにはこのサウナスーツ、おすすめしません。

深部体温が上がらず、脂肪の燃焼を妨げてしまうからです。

ボクサーの人たちは、脂肪燃焼ではなく、

契約体重のために一時的に水分をしぼりだす目的で、

サウナスーツを使用しているのです。

私たちが脂肪燃焼のためにサウナスーツを使用しても、

汗が流れていくだけで、からだの深い部分の体温は上がらず、

よって脂肪燃焼は進みません

そして今は夏ですから、水分をこまめに摂取しましょう!

Sponsored Links

おわりに

ボクサーの減量ってほんとに過酷ですね。

減量して、その状態でさらに

激しい試合に勝たなければならない。

39度の熱があっても会社に行かねばならない・・・

そんな状況・・・

いや、もっともっと厳しいはずです。

39度で会社にいって、さらに新規の契約をもらって

来なければならない・・・

例えるなら、そんな状況ですかね!

清水聡選手は、世界を狙っています。

30という年齢から、最後のチャンスとなるかもしれません。

【関連記事】:【清水聡】世界を取るために超えるべき5つの壁

同じアラサーとして、

現役最後に大活躍して欲しいです!

Sponsored Links



シェアおねがいします♪

スポンサーリンク
Sponsored Links
Sponsored Links